なのはなブログ

生物を学ぶ学生がふと気づいたことを書きとどめるブログです

生物専攻で死ぬほど後悔している話

私は、生物を学ぶ大学生です。今は就活真っただ中。

進学をするとき、私は就活が不利になることまで理解した上で生物を学ぶ決心をしました。当時の私は、せっかくの学ぶ機会を就活の有利不利で棒に振るのはもったいないと思っていました。間違っています。高校生の皆様、いいですか。基礎生物学の専攻はオススメしません。特に生態系。

ちゃんと理由を説明しますね。大きく分けると、オススメできない理由は3つあります。

  1. 理系就職の有利を活かしにくい
  2. ほぼ文系就職だと、理系の忙しさのメリットと吊り合わない
  3. (院進率高いところだと)研究室の引継ぎと就活の両立ができなくて詰む

順番に説明しますね。

1. 理系就職の有利を活かしにくい

 生物系は、理系就職の道が難しいです。研究者はあまっています。とくに、大学院に進学しない場合は一層望みが薄いです。

企業によっては、理系のみ募集の研究職で、生物系は対象外なんてところもあります。私も、選考うけようか悩んだ数社(機械系の企業)が生物は研究室応募できないところで、泣く泣く諦めました。少しでも化学や工学に興味のある皆様、生物は趣味でやりましょう。大学で学ぶ学問は、別のモノをお勧めします。生物系に進学している皆様、少し化学に方針転換をしましょう。うまくいけば、化学系メーカーの研究職は狙えると思いますよ。生態系だけは、間違えても進んではいけません。面白いですが、就職先を失います。あれば、ポスドク研究者のキャリアを目指す人が進む道です。

自分は食品系にしか興味ない、種の会社行くんだ、畜産やるんだ!と思っている皆様。いいですか、農学へ行きましょう。ゴリゴリの基礎生物学に進んではなりません。

2. ほぼ文系就職だと、理系の忙しさのメリットと吊り合わない

悲しいかな。実験がバカ忙しくて、大学時代ほとんど勉強なのに、就活でもリターンがない。それが生物学専攻の現実です(大学によって差はあると思います)。特に、生態系の過酷な実験を乗り越えた学生の皆様、理系就職は困難です。理由は、専攻を活かせる企業がほぼないから。

そして、理系就職をあきらめた生物学専攻が到達する道は文系就職になります。

文系就職でも、理系を求める企業は一定数あります。理系という理由で逆求人サービスからスカウトも届きます。でも、これは基礎生物学でなくてもいいんです。もう一度言います。生物学の利点にはなりません。スカウトは、物理の学生にも化学の学生にも農学の学生にも届きます。少しでも他の学問に興味を持てるなら、基礎生物学を専攻せずに、別の理系に行くことを強く勧めます。

さらに、文系就職となるとぶつかる相手は時間を持て余している文系学生。彼らは、授業も研究室の引継ぎも無縁の世界にいます。企業研究の時間、就活準備に使える時間が理系学生とは比べ物にならないくらい多いです。多くの時間を費やせる文系学生と同じ土俵で勝つ自信がありますか?

研究室の引継ぎや英語論文の発表準備、そうした学業に追われながら、文系学生のライバルと限られた時間で工夫して戦わなければいけない。これが文系就職の現実です。

3. (院進率高いところだと)研究室の引継ぎと就活の両立ができなくて詰む

 これは、院進率8割超えの生物系学生特有の悩みかもしれません。研究室の引継ぎに終活の配慮を感じません。もちろん、面接があったり説明会がある日にお休みすることはできます(研究室によってはこれすら難しいとか……)。就活解禁日にも朝から研究室に行く生活で、どうやって就職しろと???

いいですか、院進率が高いけど学部卒で就職をしたい生物系の皆様。研究室が忙しくても、就活はなくなりません。春休みで時間のあまっている文系学生と闘わなければいけないのです。これのどれほど辛いことか。少なくとも、研究室をちゃんと選ばないと時間がなくて詰みます。まず企業と出会えません。企業と出会えない=受ける企業が減っていくということです。正直、無理です。それでも進むしかありません。

せめて、研究室選びを頑張ってください。学部卒の就活に理解のある研究室でないと確実に詰みます

まとめ

強引にまとめます。基礎生物学専攻はやめましょう。おすすめできません。

就活のタイミングになって、ほとんどの人が後悔すると思います。私も「就活が不利になろうと生物を学びたい」と思って基礎生物学に進んだ一人です。しかし、現在死ぬほど後悔しています。どうか後輩に同じ過ちを繰り返してほしくない。

それでも、基礎生物学を学びたい皆様、真剣に学びましょう。学業をサボるつもりで生物に行くのはやめましょう。サボるつもりなら、これほどコスパの悪い理系もないと思います。実験は深夜まであり、生き物を扱うので4年生になれば長期休暇なんて関係なく研究室に通う、それなのに就職は有利にならない。真剣に生物を学びたい人以外が進学すれば、私以上に後悔することになると思います。

生半可な気持ちで選んではいけません。

そして、もし生物学にそれでも進みたいというかたは、ぜひ進学して、存分に学んでください。就職は有利になりませんが、生物学には面白いことが沢山あります

そして、学んで後悔しましょう。就活の時、こんなはずじゃなかったと頭を抱えましょう。きっと、その経験がいつかの自分の選択を助けてくれると思います。

そして、就活は意外と何とかなるものです。私も、忙しい中で就活を進めて、内定までたどり着きました。大丈夫です。後悔しても道はあります。

深夜の懺悔タイムとばかりに何が書きたいのかわからなくなってきたので、尻切れトンボで逃げますね。

それでも生物は面白い。

結局、嘘をつけと言われているようだ

就職活動がつらい。

つらいと嘆いていても仕方ないから、活動はするけれどつらい。

改めて、世間の社会人を尊敬する。

これは、就活に疲れてきた大学生の愚痴である。

 

就職活動は、あなたらしさをアピールするんだと言われる。

自己分析だって、そのためにするはずだ。

それなのに、どうして周囲の大人は自分を盛って表現した方がいいとアドバイスするのだろうか。

 

私は、業界にも職種にもそれほどこだわりがない。

ただ、自分が社会人として成長して、社会に貢献していければいいのだ。

私の就活軸は、会社の理念に共感できるかどうかだ。

目的の違う企業で自己成長を目指しても、方向性の違いに悩むだろう。

でも、目的が一緒で成長したいという思いがあればどうとでもなるのではないだろうか。

もちろん、これは大学生の甘えた発現である。

だから、そんな考えは甘ったれだと言われるのも仕方ないと思う。

 

ただ、一番理解に苦しんだことがある。

どうして、その業界でなければダメなのかと説明する練習が求められるのだろう。

私は、この質問がされたときこう答えるつもりでいた。

「○○業界を選んだ理由は、2つあります。1つ目は、今後の社会にとってのインフラ的存在として社会の発展に役立ち貢献していけると感じたからです。2つ目は、私の強みを生かして活躍できる場が多くあると感じたからです。」

この理由が弱いと指摘されたなら、私は考え直し、より説得力のある志望動機を考える予定だった。

しかし、アドバイスをお願いしている社会人に指摘されたのは違う部分だった。

「それなら、△△業界でもいいんじゃない?って言われたらどうするの」

私は馬鹿正直に答えた。

「○○業界だけにこだわっているわけではないので、当てはまる業界で共感できる企業をうけています。と答えるつもりです」と。

そうしたら、社会人は言った。

「○○業界じゃなきゃダメだという理由を考えよう」

私の中で、何かに失望する音がした。

ああ、結局嘘をつけというのか。

第一志望でない企業に対して、第一志望ではありませんと伝えるのはあまりにもだから、第一志望群ですと濁して伝える。

これは、ヒトの心を考えたら仕方ないことだし嘘じゃないから我慢できた。

でも、○○業界だけにこだわっているわけではない人間に対して、社会人が「○○じゃなききゃダメな理由を」といったのは、もう、嘘をつけと言われているのと同義としか思えない。

私は、この嘘を貫き通さなければいけないのだろうか。

社会人が絶対とは思っていないので、何社かは正直に答えてみようと思うけれど、ただただつらいとかんじた。

 

ああ、つらいなあ。

私が頑張ったことについて考えた

久しぶりの更新です。

 

最近、就職活動のために、今までの人生で自分が頑張ったことはなんだろうと考えていました。

私は、引っ込み思案で周りに流される部分が多いので、考えても考えても、自分の意志で始めたことって少ないなーなんて思ったりしながら、いろいろと考えていました。

 

自分で言うのもなんですが、私は学生生活の中で結構いろいろなことに手を出して様々な経験をしてきたと思います。

部活動、研究活動、ホームステイ、アルバイトなどなど。

確かに、それらの中にもちゃんと頑張ったなと思うことはあったのですが、よくよく考えるとそれらを頑張っていた理由が頑張っていないんです。

周りに流されて活動をはじめ、周りの目標に流されて自分も頑張ろうと思い、周りに流されて頑張っていることに気づきました。

受け身で主体性がないと言われても仕方ありません(笑)

 

困ったなーと思って親に相談してみると、思いがけない返答をもらいました。

「学業はどうしたの?」

言われるまで、学業なんてちゃんとこなすのが当然だと思っていることに気づきました。どんなに宿題がでていても、しっかりこなし終わらせるのが私にとっては当たり前のことで、別にそれは頑張っているからではなく、とにかく当然のことでした。

目から鱗とはこういうことをいうのでしょうか。

私は確かに客観的にみれば相当学業を頑張っている部類に入ると思います (学歴とかは関係ないです)。

宿題はちゃんと終わらせ、気になったことがあれば調べ、ノートにまとめたり頭の片隅にとどめたり。大学生になってからも授業は休まず出席し、課題はほどほどにこなせばいいものを、自分が納得するまで文献を探す。

親にとっては、私が頑張っているからそういうことをしていると認識していたみたいです。私にとっては当然のことだから、別に頑張っているなんて今でも思いませんが(笑)

 

まだ、自分が頑張ってきたことに対する結論ははっきりと出ていませんが、意外なところに答えは隠されているんだなと思った、そんな気付きを書き留めておきます。

 

 

男たちの熱い対立『忍者と極道』

書きたいことを書きたいようにと思っていたら、カテゴリーの散乱がすごいことになってきました。

今回は、コミックDAYSで連載中の漫画『忍者と極道』をプレゼンしたいと思います。

 

作品紹介として、連載ページの文引用しますね。

トラウマから笑えない少年・忍者<しのは>、表向きはエリート会社員ながら裏では組を牛耳る極道<きわみ>。そんな2人が出会った時、300年にわたる忍者<ニンジャ>と極道<ゴクドウ>の殺し合いの炎が熱く燃え盛る!孤独を抱えた漢達による、情熱と哀切に彩られた命のやり取り。決めようか…忍者と極道、どちらが生きるかくたばるか!!

引用文からも何となくわかると思いますが、この漫画の大まかな軸は<ニンジャ>と<ゴクドウ>の命をかけた闘いです。

これが、今風に言うと、まじエモいんです。

具体的にどうまじエモいかと言いますと、

1. 主人公2人の関係にドキドキがとまらない

2. 死の描写がマジ泣ける

の2点に尽きます。

それぞれについて少し詳しく書きますね (1巻の内容に一部ネタバレが含まれます)。

 

主人公2人の関係にドキドキが止まらない

この物語の主人公は<ニンジャ>である忍者(しのは)と<ゴクドウ>である極道(きわみ)です。

2人はお互いの素性を知らずに出会い、とある共通点から意気投合します。

とある共通点とは、プリンセスシリーズという一連の作品(とりあえず、プリキュアをイメージして頂ければ……)の大ファンであること。

そして、忍者と極道は初めての友になるのです。

 

しかし、友になったその日の夜、極道は忍者にとって大事な師匠をその手で殺めます

ここの戦いも本当に胸が熱くなりました……。敵同士なのに二人して命を懸けた闘いの直前に思い浮かべたのは忍者のこと。描き方が、上手すぎる!!!!

そして、大切な師匠を失った忍者の悲しみを最初に受け止め慰めるのは、師匠の命を奪った極道。なんという運命の巡りあわせ。

展開だけならアリガチと思われてしまうかもしれませんが、そこに至る過程の描き方や登場人物のセリフ、描かれ方が合わさって最高の作品になっています。

 

死の描写がマジ泣ける

この作品は、多くの人間が命を落とします。それでも、1つ1つの死に重みが失われることはありません。それぞれの人間に熱いドラマがあり、信念があるのです。

例えば、忍者にとって大切な師匠は、極道に敗れたと悟ったとき忍者のことを思い起こします。そして、死の直前に最後の力を振り絞って大きな力を発揮します。

ちなみに、この師匠のお話は外伝「獅子の華」を読むと余計に涙が止まらなります。

現在はこの外伝を読む手段がないのですが、無料公開や単行本収録に期待が高まります……。

どう泣けるのかを伝えたい気持ちは山々なのですが、こればかりは漫画のコマの魅せ方のセンスなども大きい要素を占めているので文章では難しい。

 

少しでも興味をもっていただけたら、次のリンクから無料公開分を読んでいただけると嬉しいです!

単行本もまだ2冊しか出ていないのでお手軽な気持ちで買ってみるのもおすすめです。

 

 

突然の断水事件

 先日、突然の断水により2日ほど水を利用できなくなる事件が発生しました。動画配信でのオンライン授業もあるため、自宅から離れるわけにもいかず、断水している家で長い時間を過ごすことになりました。

 突然の断水を経験したのは人生で初めての出来事だったので、せっかくだから記録に残そうと現在ブログを書いています。

 

 私が断水に気づいたのは、起床をしていつものように顔を洗おうとしたときでした。洗面所の水道をひねっても水が出ないのです。慌ててキッチンの水道を試しても結果は同じ……。慌てて不動産に連絡をすると、夜の強風で共同住宅の貯水タンクに不具合があるとご回答いただきました。

 断水に気が付いて初めにとった行動があります。それは、水がないとできない行動を書き出すことです。手を洗う、顔を洗う、洗い物、シャワー、水を汲む、トイレの水を流す……。

 結構できないことが多い。これはストレスがたまりそうだと思った私は慌てて策を考えました。断水生活をゲームに昇華することにしたのです。

 その辺にあったA4用紙に「ウォータウトポイントカード」と大きく書き込みました (名前にセンスがない)。その下には、NG行動を書き枠を作っていきました (画像のようなイメージです)。

f:id:renaka:20200705132618p:plain

ウォータウトポイントカード

 作成して数時間、ポイントがみるみるうちにたまりました。そこで私はポイントカードの欠点に気づきます。ポイントを集めても何もないのです。

 途端に訪れる虚無タイム。

 ポイントカードと言えば集めるだけ得をすることが多いのに、私の作ったポイントカードは特をするどころかダメな行動でたまっていくシステム。やらかした。ヤケになった私は、ネタにして親や友達にカードを見せびらかすことにしました (私は実家を離れて一人暮らししています)。

 ネタにしたとき、断水しているのに全然深刻そうにしていない私 (深刻になったら心がもたないと思った) と、そんな私の様子をみて安心して笑ってくれる友達。ポイントが溜まるほど、私の知り合いが笑顔になっていく。ナイスポイントカード。と思ったのですが、予想に反してあらゆる友人から心配をしていただきました……。ありがとう、友よ。

 しかし、今はすぐに助けに来れるところに友人がいません。その間にもポイントカードがどんどんたまっていきます。最初は気づいていなかったけど、水が出ないと米を炊くことも許されないのです (私は、蛇口をひねってからその事実に気づき大爆笑してましたが……)。

 特に大変だったのはトイレ。なんたって水が流せないのだから家のトイレは使えません。そこに追い打ちをかけるかのように襲い掛かる下痢。仕方がなく、近隣の店舗にいってトイレを借り、時には長時間利用させていただき、買い物でお金を落として戻る生活。もちろん、その間授業を受けることはできないので、次々と授業がたまってしまいました……。

 シャワーを浴びれないこともつらかったです。仕方なく2日ほどデオドラントシートで汗を拭いて生活してました……。トイレ貸してくれた店員さん、臭ってたらごめんなさい。

 食事と飲み物は、意外となんとかなりました。全部買ったので懐にはいたみましたが。

 そして、意外にも断水期間中に一番ウォータウトポイントをためる原因になったのは手洗いです。外に出て帰ってから洗おうとしたり、ご飯食べる直前で洗おうとしたり……。幸いにもアルコール除菌をするウェットティッシュをもっていたので、洗えなくてもなんとかなりました。それでも、ついつい蛇口をひねって洗おうとしてしまう(笑)

 

 とまあ、こんな感じで断水生活を過ごしました。友達がもう少し近くに住んでいればなあという思いでいっぱいでした。心配してくれたみんな、ありがとう。私は元気です。

 断水生活をしていて一番感じたことは、「家の近くに頼れる友人を持つべし」ということです。そうしたら、トイレの度に出かけるような苛酷な生活を避けられたのに……。そして、もう1つ感じたことは、「日頃の備えって大切だな」ということです。今回は幸いにも、地域的な災害でなかったので断水をしてから食料や水を調達できましたが、もし水や食料が全然売ってなかったら完全に万策尽きたと倒れるしかなかったなーと思います。

 

~余談~

 存在意義のあやしくなったウォータウトポイントカードは、断水終了時に30ポイント以下だったらご褒美のミカンゼリーを購入するということで落ち着きました。無事に食べたミカンゼリーは美味しかったです。

生物の共通祖先に近い生命体CPR

 過去のノートを整理していたら、面白い記録を見つけたのでブログにまとめようと思います。これは、2020/02/22放送のサイエンスゼロを見たときの私の記録をもとに書いています。

 

今回の話題は、CPRです。といっても、CPRと聞いてすぐにピンとくる人は少ないと思います。正直、生物を専攻している私も最初に聞いたときにはピンときませんでした(笑)

 

 CPRとは、全ての生物の共通祖先に比較的近いと考えられている生物群のことらしいです。つまり、CPRの研究を進めれば地球上の生物の共通祖先がわかるかもしれないということです。

 

 (ロマンに思いを馳せているのでしばらくお待ちください)

 

 序盤から取り乱しました。実は、このように夢にあふれるCPRが岐阜県で見つかっているそうです。

 水に触れると水素を発生するかんらん岩の近く (地味ですね) にCPRは生息しているらしいです。

 このことから、CPRは水素をエネルギー源として生きているかもしれないと考えられているそうです。

 

 しかし、残念なことにCPRは培養が難しく研究があまり進んでいないみたいです。

 今後、CPRの培養方法が確立され、研究の進展がおこることを心待ちにしたいなと思いました。

ブログ始めました。

きっと世間では、もうすぐ「冷やし中華はじめました」ののぼりがにぎわう季節。

そんな中、私は冷やし中華ではなくブログを始めました。

 

ブログを始めたわけについて少し記そうと思います。

私は外出自粛が続き対人関係が断絶されていることで、学びのアウトプットがないことに頭を抱えていました。

大学では、授業後に学んだ内容を友人と話し合う時間が好きなのですが、オンライン授業ではそれもできません。

ときどき、友人にこの前の授業どう思った?といった連絡をしても、やはり直接語るときより内容が薄くなってしまいます。

であれば、自分と語れる場所があればよいのではないかと思いました。

メモ帳に書き残すことも考えたのですが、ブログとして継続していく方がいつか何かの役に立つかもしれないと思い、こうしてブログを作ることにいたしました。

 

このブログは、私が自身の学びと対話する場所です。

でも、公開することに決めたので、少しだけ訪れてきてくれた人にも伝わるように意識して書いていきたいと思います。

 

毎日更新とはいきませんが、気ままに好きなタイミングで、私が対話したい内容を記していきたいです。